マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)で返金をするためにはどうすればいいのか?出来るのでしょうか?

最近では色々なネットビジネスも登場しておりスマホを使って手軽に始められるものもありますのではじめての方でも気軽に挑戦できるでしょう。

しかし、ネットビジネスは誤解も受けやすく「危険なのではないか?」「危ないビジネスなのでは無いか?」と思っている方も多いでしょう。実際ネットビジネスによる被害などがニュースになりそれがネットで広がったことも影響していると思います。

知識を付けたうえでちゃんとしたビジネスを選び、実践すればどんな人でもうまくいくでしょう。もちろん自分に合っているビジネスでなければ途中でリタイアすることもあります。それもネットビジネスではよくあることです。
実際にその状況にならないと自分に合っているのかは判断しにくいです。

そうならないためにも出来るだけ知識をつけて自分にマッチしたビジネスを探しましょう。
今回は副業向きだと感じるマネーズライクの返金について詳しく見ていきたいと思います。

ネットビジネスは返金をするのが難しいと言われています。
クーリングオフの対象外であるだけでなく、セキュリティーの関係で一度納品した場合返金は厳しいのではないかと思います。果たしてマネーズライクは返金に応じてくれるのでしょうか。

マネーズライクの教科書は継続することに意義がある、返金は最後の手段

返金ありきで物を語ってしまうのは少し危険な気がするので、取り掛かる際にはなるべく長く継続させることを最優先に考えてほしいです。

マネーズライクは短期間で成果が出せることを売り文句にしていますが、いろいろなタイミングもあると思います。経済が乱れている昨今では、いきなりいい方向に傾くとも、その逆の方向に傾くとも分かりません。1日あたりの作業時間も短いので、ちょっと成果が出ないからと焦れることなく、「継続は力なり」の気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか。

その結果芳しい成果が出なかった、という人はぜひ別の選択肢として返金という選択肢を選びましょう。

「そんなことしていたらクーリングオフ期間に間に合わない!」と思う方もいるかもしれません。ただ、先にも申し上げたようにマネーズライクはクーリングオフ適用外となります。

なぜクーリングオフが適用されないのか、それも説明したほうがいいと思うので次でお話します。

ネットショッピング・ネットビジネスがクーリングオフされない理由

ネットショッピングなどで商品を購入した際にクーリングオフが適用されない旨は、国民生活センターなどのホームページでも説明されています。業者側で勝手に決められたルールではありません。

一般的にクーリングオフとは、勧誘などによって購入や登録に至った商品・サービスに対して適用されます。訪問販売やマルチ商法などが該当します。それに対し、ネットショッピングや通販、ネットビジネスなどは自分の意志で購入や登録をするものであることから、クーリングオフできないのです。

返金については各業者が決める内容に従うものとなりますが、マネーズライクに関しても基本的に返金は応じない旨をホームページに記載しています。ただ個別交渉が全くできない、というわけでもなさそうです。

交渉を行うには、丸腰で挑むよりは材料があったほうがいいのは間違いありません。そのためにどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。

マネーズライクで返金は困難?!どうしても返金を望むときに最低限準備しておくこと

先程も書きましたが、マネーズライクについては基本的に返金は応じないものとなっています。ある程度の妥協点や落とし所などは、予め見当をつけておいたほうがいいかもしれません。

一般的に、個人都合によっての解約や返品に対しての返金は、ネットビジネスに限らず困難です。指示通りに作業を進めていなかったといった場合、返金は相当難しいと思った方がいいでしょう。

病気や災害など、回避しがたい理由での業務不履行の場合はまだ可能性があると思います。それを証明できるものがあると尚良いと思います。

そして指示通り進めたのにも関わらず全く成果が出なかった場合は、その指示の内容が示されたものを用意しましょう。作業書やその資料などから、どこがどうまずかったのかを説明できると、相手も妥協する可能性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ