マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の初期費用は何円かかるの?すぐ回収できそう?

別の記事でも申し上げましたが、副業をやるのであれば「時間とお金」を無駄にしないよう、自身にマッチしたものを慎重に選ぶ必要があります。

「できるだけ簡単に始められる副業」に合致する条件としては、やはり初期費用がなるべく高すぎないもの、というのがあるかと思います。

いま現在、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は比較的始めやすい価格帯となっています。

初期費用を限界まで下げ、新規の参加者を多く募っているようです。

ではそのマネーズライクがその初期費用に見合った仕事なのか、ちゃんと回収できるような価格帯なのかといった、「時間とお金」を無駄にしない仕事であるのかをしっかり見定めたいと思います。

マネーズライクに興味をお持ちの方は、この記事を参考にしていただき、ご自身の性格や普段の生活と合ったものかどうかチェックしてみてください。

マネーズライクの初期費用12000円、追加費用もなしと判明!

現在、マネーズライクを始めるために必要な初期費用は「12000円」となっています。

12000円という値段設定は、個人的には絶妙というか何というか、手を出せない額ではないにしろ、気軽に申し込める額でもないと思っています。

マネーズライクのホームページでは「稼ぐ情熱を持った人」を求めているようなので、そういった面では、遊び半分や冷やかしの人をふるいにかけるちょうどいい金額なのかもしれません。

元々は59800円という値段設定だったので、赤字ギリギリどころか、おそらく赤字の値段だと思います。

そうなると他の費用の存在を探りたくなりますが、ホームページに「月額費用・追加費用無し」と書かれていることから、その可能性はなくなります。

あまり相手方の懐事情を勘繰っても仕方ないので、ここは純粋に12000円という設定が見合っているのかということをただ只管にチェックすることにしましょう。

初期費用はマネーズライク独自のシステムにあてられているのではないか

どうしてマネーズライクの初期費用が12000円(もともとは59800円)という金額がかかるのか、その秘密を探ってみます。

マネーズライクでは、「MRサーチシステム」というシステムがあるようです。おそらくこのシステムを活用して、普段の仕事を回していく形になると思います。

このシステムの維持費や管理費などにこの初期費用があてられている、と考えるのが一番腑に落ちます。

またこの「MRサーチシステム」で作業効率が上がる、ということでもあるそうです。つまり人間の作業だと時間がかかることをマクロ化させることで、収入のアップにも繋げる、ということだと推測されます。

1日約10分の作業量ということですが、その作業に慣れていくことで、その稼ぎ幅も比例して大きくなると思われます。そうなれば初期費用もあっという間に回収でき、一気に安定収入が増えることになります。

初期費用で59800円払うのは厳しいけど12000円なら何とかなる、という人も多いと思います。システムを上手に使いこなして、安定収入を築き上げましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ